たなばた

毎年恒例の七夕の花火。
このとき、お客様が書いた短冊を飾った七夕の笹を燃やします。
今年の笹は天候不順のためかとても弱く、飾っている最中にも折れ曲がったりしましたが、燃やす段になると、花鋏で面白いように切れます。
お店の前にテーブルを出し、飲みながら食べながら焼いていきました。
近くの商店街から七夕の歌が流れてきます。
みな花火に火をつけると、子供に返ったように一心に見入ります。

盛岡の短い夏です。
[PR]
by tea-shun | 2006-08-07 21:10 | イベント