盛岡さんさ踊り

 昨日からさんさ踊りが始まりました。4日まであの太鼓が盛岡の空に響きます。
 お祭りらしい上々の天気に、しらずしらず気持ちが浮き立ちます。今のようなパレードになって30周年だということですが…そんなになるんですね。
 こどもの頃は、そこそこの通りに輪踊りがたくさん連なっていたように記憶しています。おなかに抱えた太鼓の音が体の中に鳴り響き、腰の五色のしごきがぱっぱっと花火のようにひろがり波のようにうねる踊りを、まるで魔法のように観ていたものでした。
 今は中央通という大きな通りでの盛大なパレードになっています。お祭りが観光産業になってしまうのには少し考える部分もありますが、ふだん無味乾燥な通りの活況には目を見張るばかり、上手な人の太鼓踊りは勇壮で見応えがあります。
 盛岡の短い夏を存分に楽しんでもらいたいと思います。

 ちなみにさんさ踊り最終日は、肴町の七夕祭りの初日でもあります。
 仙台のような盛大なものではありませんが、それぞれのお店が工夫を凝らした七夕飾りを競い、なかなかよいものです。
 こちらもぜひどうぞ。
[PR]
by tea-shun | 2007-08-02 14:17 | よしなしごと