わがままカレー

 しゅんの定番・わがままカレーについて書いていないことに気がつきました!

 ほぼしゅんの開店当時から作られているわがままカレーは、始めの頃は残されるお客様がずいぶん多かったそうです。今でこそ多様なカレーがありますが、二十数年前にはとてもとてもカレーとは認知されなかったのですね。
 いわゆる「チャイ」風のスパイスミルクティーにも同じことがいえます。開店当時は、スパイスが入っているなどと言おうものならすぐにオーダー変更されたものです。今では「スパイスもっと多めにしてください」なんて頼まれることも。エスニックブームや食の多様化・本格指向ぶりは端的に現れているわけです。

 ではわがままカレーはどんなカレーか?
 紅茶の買い付けの度にインドでスパイスを買ったり使い方を聞いたりして作っていますが、インドカレーではありません。欧風カレーでもないし、まして日本のカレーでもありません。オーナーが毎晩毎晩試作を重ねて作り出した、しゅん風カレーなのです(ちなみに当時を知る人からは、試作するその姿から『魔女鍋』とも呼ばれています)。
 たまねぎとトマトがたっぷり入ったカレーは赤く、あわせたライスにはサフランが炊き込まれているので、目にも鮮やかです。お客様には、暑い日が続いたり胃腸の調子が良くないと食べたくなると言っていただいています。
 食べることが好きな方には、ぜひ一度お試しいただきたいカレーです。
 ただいまレトルトパック製作中!
[PR]
by tea-shun | 2007-08-05 18:09 | よしなしごと