ライヴ

今年も半分終わってしまったと言われると「や〜め〜て〜」と青ざめていたわたしが、今年も半分終わってしまったと実感したもの、それはバンバンのライブでした。
ここのところ毎回「頼まれなくても年に2回来ますから」と言ってくれるバンバンのライブがひとつ終われば 次は半年後なわけですから、一年の半分、わかりやすいです。
半年後にまた聴くことができるのに、こんなにバンバンを楽しみに待ち望んでいるのはなんだろう?

自分のところでライブをするようになって思うことは、「出会いはどこにあるかわからない」ということに尽きます。
嫌いなジャンルの音楽であってもすごい人はすごくて惹きつけられるし、
同じ人が違うお客さんを迎えると変わってしまうこともあるし、
同じ場所、同じ楽器なのに、人が変わると音が変わることを実感するし、
…同じところにいて聴いているだけなのに、これだけ感じてきました。
「自分の感覚が生きている」ようにものを見て、感じて、ひとと話したり、考えていきたいなと思う。毎日お茶を淹れていることも同じで、それがわたしの「ライヴ」なんだと思います。

みなさん、どんな「ライヴ」なんでしょう。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-15 12:27 | ライブ