カテゴリ:イベント( 27 )

11月茶話会

Vol.74     11月20日(火)     バイラオーラ 中田 佳代子 様
     「フラメンコとスペイン人の謎に迫る!」
      19:00より     ワンドリンク付 ¥2,000

 今年の3月にしゅんでフラメンコライブを行った、中田佳代子さんにご登場いただきます。
 
「日本人である私がスペインという地球の裏側のとてつもない遠い国の伝統文化にはまってしまい、フラメンコを踊る上で日本人であるがために体験した苦悩や挫折、そして喜び。たくさんのカルチャーショック・・・そして、妖艶な舞踊フラメンコと太陽の国スペインの魅力についてお伝えしたいと思います!」

ってどう?との文章をお寄せいただきました。
 バイラオーラとはフラメンコの女性舞踊手のこと。来春本拠地をバルセロナに移すということで、急遽お話をお願いしました。日本人、まして盛岡人とは思えぬオーラを放つ中田さんの体験談を、楽しくうかがいたいと思います。
b0074464_1632548.jpg

中田佳代子
2001年
現代舞踊協会「河上鈴子スペイン舞踊新人賞」「日本フラメンコ協会新人公演努力賞」受賞
2002年
「日本フラメンコ協会新人公演奨励賞」受賞
文化庁在外芸術家派遣員として2年間スペイン留学
帰国後独立 多くの公演を行うかたわら各地で指導も精力的に行っている

[PR]
by tea-shun | 2007-11-04 15:52 | イベント

10月茶話会

Vol.73     10月20日(土)     吉田測量設計(株)吉田 昭夫 様
     「北上川とダムの効用」
      19:00より     ワンドリンク付 ¥2,000

 あのすごかった大雨を覚えておいででしょうか。何事もなく台風が去り、一安心と思った途端やってきて床上浸水まで引き起こした、9月の大雨です。
 けたたましい警報に、川を見に行きました。川は暴れていました。橋桁がほとんど水に飲まれ、海のような波が唸るようにしぶきを上げるさまは、いっそ勇壮ですらありました。思えば中津川には「川留稲荷」があります。「川留」の神社を祀るほどの暴れ川だったことがわかります。
 三つの川の合流点まで廻ると、川沿いの施設が水没し、滔々とした流れが出現していました。あらためて盛岡は川の街だと感じさせる、それは巨大な眺めでした。

 さて、度々の川の氾濫から盛岡を救っているのは神社の力のみではありません。「ダム」。その巨大な施設の働きと北上川の変遷を、吉田測量設計の吉田昭夫さんを招いてお話しいただきます。
[PR]
by tea-shun | 2007-10-20 22:13 | イベント

7月茶話会

Vol.72    7月28日(土)   日沢 恵子 様
   「暮らしの中のアーユルヴェーダ」
    19:00より  ワンドリンク付 ¥2,000

 アーユルヴェーダとはインドの伝承医学のことです。漢方も元はといえばこのアーユルヴェーダが伝わり、中国風に発展したものだそうです。
 なぜアーユルヴェーダか?ここではもちろんしゅんのカレーが関係しています。しゅんがカレーを「インド式薬膳」と言うのは、暑さが続いたり体調が悪かったりすると食べにみえる方がとても多いことから。体が欲求しているのだなぁとつくづく思います。
 しかしカレーに限らず、日本の伝統的食生活もアーユルヴェーダで説明できるそうです。
 例えば、冬の間に体に溜まった毒を春の山菜がその苦みで解毒してくれるということ。山菜のおいしさには季節感だけではなく実利があり、それが今も伝えられて「食べたい!」という欲求になるんですね。
 お話しくださるのは薬剤師の日沢さんです。アーユルヴェーダにこだわらず、失われた日本人の知恵をも再発掘し「それに支配されるのではなく自分で工夫する方法を探す」姿勢がなんとも楽しくたのもしい。まさしく温故知新。ぜひ一緒に楽しみましょう。

ノンストップの2時間と、尽きないお話!おもしろかったですね〜。
 日本人にはなかなか実践しにくい部分もありますが、例えば「1時間に一度 おちょこに一杯ほどの白湯を飲む」ようなことならできますね。
 やはりアーユルヴェーダに興味をお持ちの方は女性が多かったのですが、別の観点から推奨されていることが、アーユルヴェーダでも推奨されていることにひどく感心しておられたりしました。同じことを別の尺度で検証することって大事なのね、との言葉にまったく同感です。

[PR]
by tea-shun | 2007-07-28 21:39 | イベント

東京うたの日コンサート

 BIGINが沖縄で始め、東京のミュージシャンがそれに応える形で始まったという「東京うたの日コンサート」。しゅんでもすっかりお馴染みになったリクオさんとバンバンバザールが同じ日に出演するというので、半年も前から約束していました。
 ところがフタを開けてみれば、みっちりと前後に詰まってしまったイベントの数々。しかも、どれも易々と中止することのできないものばかりでした。
 それでも「絶対無理!」とかなんとか言いながら駆けずり回り、なんとか飛び乗った新幹線は立ち席。
 …これは効きました。
 大勢のクマちゃんを目の下にぶらさげて出かけた「うたの日コンサート」最終日のBYGは、開演前から押せ押せの熱気。その熱気はさらにヒートしていく一方で、あぁ、本当にみんな今日は帰らないつもりなんだ!と思うほど。
 ライブの様子はとても言葉で説明できません。
 共演のミュージシャンだけでなく、ほかの会場をはけて駆けつけたゲストミュージシャンまで、音楽を分かちあう姿がなんと羨ましかったことか!それらを包む雰囲気はまちがいなく、そこにいたお客様やスタッフすべてがつくりあげた、マジックでした。マジックがなければ、最後までもちませんでした…疲労困憊。
 しかしこれだからライブはやめられない。
 どうか、来て一緒に感じてほしい。録音できない部分こそが、ライブの醍醐味なのだから。

 うたの日コンサートでわけてもらった思いを盛岡にも根付かせることができないかと、夢想しています。
[PR]
by tea-shun | 2007-06-26 20:45 | イベント

オルゴールコンサート

永井淳氏のオルゴールコンサート

6月24日(日) 10:00〜12:00
紅茶・お菓子付き ¥2,000(要予約)

 日本で最高水準のオルゴール会社の社長がお届けするオルゴールコンサートが、全国を巡り、ついに盛岡で開催されることになりました。
 これも楽器であるという観点から制作されたオルゴールの音色は、今までのオルゴールとはひと味もふた味も違った精巧で美しいものです。
 東西のうつくしい歌、懐かしい曲を取り混ぜ、(有)アイジェイインタナショナルの永井様の解説を聞きながらお楽しみいただきます。
 不思議な未知の世界へと遊んでみませんか。

なんといったらいいのでしょうか…その音が店内に響いた途端、まるで空気が揺れるような、異次元に変化したような感覚を覚えました。楽器の演奏や歌声とはまったく異質の感覚…。「楽器としてのオルゴール」と強調なさるように、たたみかけるように連なる音の綾と奥行きのある響きは、星座版が廻っているようなディスクの動きと相まって、違う世界を現出させました。魅了せずにはおかないオルゴールの音色!
 しゅんにしては珍しい日曜の朝のコンサートも、なかなかさわやかでよいものでした。

[PR]
by tea-shun | 2007-06-24 10:00 | イベント

6月茶話会

Vol.71    6月23日(土)   山岡 晶子 様
   「フラメンコ──赤いバラをくわえて踊る?」
    19:00より  ワンドリンク付 ¥2,000

 しゅんでも3月にフラメンコライブがありましたが、印象はかなり強烈だったようで、「すばらしかった!」「こんなの観たことない!」の声のほかに
「なんでバラくわえないの?」
という質問が…バラ、くわえないんですよ。
 さて、来月7月4日、スペインよりフラメンコ舞踊団が来日し、ここ盛岡でも公演します。なかなか機会がない本場のステージをより楽しむためにも、本当は踊りではなく歌だというフラメンコの成り立ちやその魅力、生活の中に根付く文化といったものをうかがいたいと思います。
 お話しくださるのは、今回の公演を企画し、自身もフラメンコサークルを主宰・指導にあたっている山岡晶子さんです。
「声の掛け方を知って自分も声をかけたかった」という方、「なんであんなことするんだ」と思った方、どんどん質問してください。
[PR]
by tea-shun | 2007-06-23 16:01 | イベント

5月茶話会

Vol.70    5月26日(土)   佐藤 政行 様
   「ピアノ解体新書」
    19:00より  ワンドリンク付き¥2,000

しゅんでピアノライブがあるたび、調律師さんが朝から格闘します。しゅんのピアノはなかなかのお年であらせられるため、あちこち不具合があるのです。
そもそもピアノの寿命はどれくらいなのか?と、あるとき思いつきました。
同じ弦楽器のヴァイオリンは古くなってあれほど珍重されるのに、ピアノでそういう話は滅多に聞かない。なぜなのか?
それを訊いてみたらば、なんと面白いではありませんか!
即 茶話会決定、です。
しゅんのピアノを開けて、アクション部分を見ながらお話ししてくださいます。
これでなかなかない機会ですよ〜。
いつものように膝を交えての自由発言の会です。
どうぞご参加ください。
[PR]
by tea-shun | 2007-04-27 16:55 | イベント

4月茶話会

Vol.69    4月20日(金)   成田 浩 様
   「英語のアタマになれるか」 〜無意識の文法〜
   19:00より  ワンドリンク付き¥2,000

今回も金曜日の開催となります。ご注意ください。

盛岡タイムス紙上に「英語ってどうなってんの?」を連載中の成田浩様をお招きします。
副題を見ると「いまさら英語の授業を受けても…」と思われるかもしれませんが、いただいた概略を見ると「猫々が来た」という例文が。
猫々!?…と思うのが日本語の発想、ということか。

いつものように膝を交えての自由発言の会です。
どうぞご参加ください。
[PR]
by tea-shun | 2007-04-07 19:57 | イベント

3月茶話会

Vol.68    3月30日(金)   岡田 俊夫 様
   「骨の構造改革」   19:00より  ワンドリンク付き¥2,000

今回は月末の金曜日の開催となります。ご注意ください。

骨も常に更新していること、ご存知でしたか?
いま弱い骨になってしまっていても、気をつけて生活すれば強い骨にできるのです。しかもそう大変なことをしなくてもよいのです。
誰もの身体を支える骨。骨の構造改革は自分一人でもできることです。その方法を楽しく伺います。
[PR]
by tea-shun | 2007-03-08 17:48 | イベント

茶話会?茶話会!

Vol.67   2月27日(土)   阿部 圭吾 様
    「タイトル未定」

ご存知「ライオンベーカリー」の阿部さんに腕を振るっていただきます!
詳細は決定後お知らせいたします。おたのしみに♪
[PR]
by tea-shun | 2007-01-14 14:41 | イベント