カテゴリ:モノ好き( 10 )

ピアノお直し中

もうご老体に無理をさせられません!と引退宣言をされたしゅんのピアノですが、
「いや、名医にみせれば助かるかもしれん」
と言ってくださった方があってみていただいたところ、
…昨日から直していただいています。
ほとんど「治す」という感じです。
調律は見ても整調(正調?)はなかなか見る機会がないので、許可をいただいて写真に撮りました。

b0074464_2154399.jpg
これはアクション部分を掃除している間に、鍵盤を支軸(?)から外したところ。
ひとつひとつ調整しながらはめてゆきます。

と、あれれれ?写真が寝てしまうので、ほかはまた次回。
茶話会独り占め!という感じの今日でした。
[PR]
by tea-shun | 2008-12-22 22:04 | モノ好き

お疲れさま

わがままカレーを温め続けてきた手鍋。
23年間働き続け、ある日香ばしい香りを漂わせました。

お日様のかけらがのぞくお鍋です。
b0074464_18564656.jpg



























長いことありがとう。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-16 20:49 | モノ好き

雪のオーナメント

b0074464_1445294.jpg

雪国に住んでいると、雪は必ずしもうれしいものではありません。
それでも、その年はじめての雪がちらつくと、思わず見入ってしまうもの。
手袋に落ちた雪の形を、息をつめ見つめることもあるでしょう。

そんな雪をかたどった素朴なオーナメントです。
形違い3個組(ゴールド/シルバー)¥567(税込)
[PR]
by tea-shun | 2006-12-01 14:45 | モノ好き

焼〆の器

岩清水さんの錆鐵とともにひとめぼれした焼〆の器。
それが西川聡さんの器でした。

手で可能な限り 精緻に作られたシンプルなかたち
焼〆の肌合い
そのかたちに宿ったような色

それらがひとつの形になって そこに ある ということ
眺めているだけで しん と ほっとするもの

傍らに置いておきたいもののひとつです。b0074464_13564626.jpg



























                         焼〆・銀灰/¥7,000、¥8,000、¥10,000
                         焼〆・朱/¥6,000、¥7,000、¥9,000

[PR]
by tea-shun | 2006-11-21 13:32 | モノ好き

錆鐵の家具

錆。
鐵器は、錆びないようにと手入れしながら使っているのですから、錆鐵という言葉をどう考えようかという方もおられると思います。

ここでご紹介するのは、盛岡出身の岩清水久生さんによるデザインの錆鐵の家具。
錆びて朽ち、自然に還る「滅びの美」を表現するという岩清水さんの作品は、しかし端正な形によって「永遠」という額に納められたかのようです。
すべて一枚のいびつな鐵板から切り出された天板をいただくこの家具は、奥行きが15センチと非常に浅いのですが、コンソール代わりに、組み合わせて花台にと様々な使い方ができます。

やはり盛岡にゆかりのある木工作家 藤沢康さんとのコラボレーション。
鐵と木がまるで吸いつくように一体となった、うつくしい家具です。

b0074464_173903.jpg
b0074464_17392574.jpg

               錆鐵テーブル¥52,500〜¥94,500
[PR]
by tea-shun | 2006-11-20 14:10 | モノ好き

表情

物の表情。
どこに、なにと一緒に置くか。
それでまるっきり違うのだから、髪型で人が変わって見えるのもあたりまえです。

2階の配置を換えています。
見慣れた物がふいに見せる違う表情に、驚くやらあきれるやら。
あんまり違うので、こうかああかとなかなか進みません。
気長に待っていただきたいと思います。
[PR]
by tea-shun | 2006-08-22 16:29 | モノ好き

麻の布あれこれ その2

テーブルクロス

「テーブルクロス敷くような生活してないから」と よく言われます。
が、そんなかっちりしたのでなく「ちょっと気分を変えてみようかな」ぐらいのテーブルクロス、と言ったらいいでしょうか。
要は大きな布ですから、なにもテーブルに敷かなきゃいけないなんて決まりはありません。
カーテンにしてみたり、巻きスカートにしてみたりなんかしてもいいかもしれません。
風通しのよさそうな、のんびりした表情の一日になりそうです。
b0074464_1831277.jpg

[PR]
by tea-shun | 2006-04-30 20:37 | モノ好き

麻の布あれこれ その1

キッチンクロス

喫茶店はたくさんの食器を洗うわけで、そのあと拭くわけで、当然道具の使い勝手は作業の効率を大きく左右します。
気持ちよく働くために、効率よく、姿美しい道具を日夜求めているわけですが、出会い以来飽くことなく手にしているのがfogのキッチンクロス。
麻100%で、また色柄がいいんです。千鳥格子だったり、ストライプだったり。
穴があいても捨てられなくて、ちょこちょこっと縫って台拭きにして、その後はガラス磨きにして、それから…といろいろ考えています。

普段を、ほんのちょっと背中をのばして過ごそう、という人に気に入ってもらえると思います。
[PR]
by tea-shun | 2006-04-27 20:17 | モノ好き

ピューター

b0074464_17182818.jpg


ピューターとは錫を主体とした合金のこと。
歴史は古く、一説によると紀元前にもさかのぼるとか。
磁器が登場するまで一般的に使われていたそうです。

錫が主成分なので、水をおいしくするともいわれます。
こんなジャグで食卓に置いたら、優雅な気持ちになれそうです。
銀のように変色しないのも気軽に使えるポイント。
ゴブレットはクラシックにアイスクリームもよいのですが、安定感があるので、アクセサリートレイや花器なんかにもいかが?
[PR]
by tea-shun | 2006-04-16 17:45 | モノ好き

白い器

最近一目惚れした食器を。

強化磁器の保存容器「白い器」シリーズ。
たとえばフェッテやパテを入れて、食卓にそのまま出してもすてき!…と瞬時に思い描き、すぐに取り扱いを決定。
強化磁器なので、電子レンジもオーブンも使えるというのがまたすてき。
ふたはお皿としても使えますし、熱いお料理のときは下敷きにもできます。
ラザニアに使って、う〜ん よいねよいね〜と目尻が下がりっぱなしでした。
自慢料理ごとプレゼントにするのもおしゃれですよね。

もうプラスティックの保存容器はいい…という方に、ぜひ。
b0074464_1761342.jpg

価格:¥1,260〜¥4,725(税込) 全11型
[PR]
by tea-shun | 2006-04-15 17:06 | モノ好き