<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

それはない…

b0074464_2185285.jpg

鉢植えの植物は成長具合で鉢を替えていきます。ところがなかなか気に入った鉢が見つからず、気にしつつも長いこと待たせてしまったりします。
20周年のお祝いにといただいたセロームも、そんな鉢でした。土が合わないようだから早く換えてやってと言われていましたが、冬場はいけないし、鉢も見つからないしでそのまま。
昨日の定休日に遠出をし、立ち寄ったお店でどうやら使えそうな鉢を発見したので、勇んで出勤してきたら、なんだか変なのです。
「…セローム中に入れた?」
「は?そこにあるでしょ?」

セロームは消えていました。新しい葉が広がる様が子供の掌のようだと楽しみに観ていたのですが、かわいがられていないように思った人がいたのでしょうか。鉢があったところのように、心にもぽっかりと空きができてしまいました。

新しい鉢はからっぽのまま、出会いを待っています。
[PR]
by tea-shun | 2006-08-24 16:18 | よしなしごと

表情

物の表情。
どこに、なにと一緒に置くか。
それでまるっきり違うのだから、髪型で人が変わって見えるのもあたりまえです。

2階の配置を換えています。
見慣れた物がふいに見せる違う表情に、驚くやらあきれるやら。
あんまり違うので、こうかああかとなかなか進みません。
気長に待っていただきたいと思います。
[PR]
by tea-shun | 2006-08-22 16:29 | モノ好き

たなばた

毎年恒例の七夕の花火。
このとき、お客様が書いた短冊を飾った七夕の笹を燃やします。
今年の笹は天候不順のためかとても弱く、飾っている最中にも折れ曲がったりしましたが、燃やす段になると、花鋏で面白いように切れます。
お店の前にテーブルを出し、飲みながら食べながら焼いていきました。
近くの商店街から七夕の歌が流れてきます。
みな花火に火をつけると、子供に返ったように一心に見入ります。

盛岡の短い夏です。
[PR]
by tea-shun | 2006-08-07 21:10 | イベント