<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

紅茶・おいしくいれる

紅茶をおいしくいれるのは難しくありません。ポイントは3つ。

1)新鮮な水を使う=空気をたくさん含んでいることが大切。10円玉大の気泡が出るまで沸騰させる。
2)充分ジャンピングさせる=空気をたくさん含んでいると、茶葉を入れた時お湯の中でグルグルと回る。
3)フタをしてよく蒸らす=成分がよく結びつき、まろやかな味になる。

これらに気をつければ、おいしくはいります。あとは茶葉の量や蒸らし時間を加減してお好みの味を見つけてください。
日本茶や中国茶も含め、香りがよいといわれるお茶はやや冷まし気味にすると香味が引き立つようです。湯気が収まる頃と思っていただければよいと思います。
[PR]
by tea-shun | 2007-05-31 19:03 | 愉しむ紅茶

チケットを取り扱っております。店員にお申し付けください。

坂田明 mii ライブ2007 「ヤッホー!」

5月30日(水)  開場18:00/開演18:30
プラザおでって 3Fホール
全席自由 前売/¥4,000 当日/¥4,500

出演/坂田明(as,cl)
   バカボン鈴木(b)
   黒田京子(p)
Special Guest/坂田学(ds)
b0074464_17521847.jpg


例によってCDの売り子となってしまったので、全部は聴けませんでした。そうしたら、終演して出てくる人出てくる人みんな、「すごくよかったねぇ!すごい演奏だった、よかった!」と言っていくのです。そうでしょうそうでしょう、だっから一度聴いてみてって誘ったんですよ、あたしは聴けなかったけど!と唇を咬みつつ、おせんにキャラメルよろしくCDを売りさばいたのでした。
[PR]
by tea-shun | 2007-05-30 19:00 | チケットやCDのお知らせ

ミジンコ

今日盛岡でライブを行う坂田さんは、ミジンコの研究家としても有名です。過去にはなんとしゅんの茶話会で話していただいたことも。
このmiiのツアーではいつもミジンコを採集しながら移動するそうで、わたしたちも毎回ミジンコを見せていただきます。
今回ももちろん見せていただいたわけですが、装備がすごかった!これはもう「移動ラボ」。
顕微鏡というのは普通フラットにみえるものですね。対象を固定して、じっくり見る。もちろん精度は学校にあるようなものとは比較になりませんが、さらにすごかったのは動きまで立体的に見える顕微鏡でした。つまり裸眼で見ているそのままを拡大してくれるので、シャーレの中の水にいるミジンコが縦回転をしていようが横回転をしていようが普通の感覚で観察できる。簡単に言いますけど、自然に拡大できるってすごいなーとすっかり感心しました。日進月歩ですね。

今回は「あれは秘境だ!」という盛岡近郊のある場所から採取してきたそうです。あんまり水がきれいなので「これは住んでいないかもと思ったけど、いたな!」とおっしゃっていました。坂田明miiのみなさんはいつも見ているのでしょうに、やはり「どれどれ」と覗きたがります。ミジンコ観察バンドとも言えます。すてきな人達だ。

今日のライブ、楽しみです〜。
[PR]
by tea-shun | 2007-05-30 10:17 | よしなしごと

忘れてました〜

テレビ。「映ってるよ〜」というメールをいただいて、「あ?」。
だいぶ前に取材があって、放送日も予告されていたのですが、きれいさっぱり。慌ててテレビをつけたら、髪を振り乱してうつむいて働いているところで、おしまい。
ありゃりゃりゃ。

「トランヴェール」効果が持続中で、息もつけぬ毎日です。地元の方のなにげない後押しのお蔭だと思います。何といってもいちばん強いのは口コミですから。
一生懸命努力しているお店はいっぱいあって、努力に差はないと思いますが、できたら地元の人のお店を応援してほしいと思います。お店が元気になるとそれが地域の活性化につながり、楽しい住みよい街につながっていくと思うからです。住みよい街は人を惹きつけ、訪れたいと思う人がますます増える…のじゃないかな、と。

盛岡がそんな街になってくれたらいいな〜ついでにしゅんもな〜…と思うのでした。
[PR]
by tea-shun | 2007-05-14 20:21 | よしなしごと

連休明け

連休最終日はあいにくの雨となりましたが、その雨が洗い流してくれたようで、今日の盛岡は快晴。気持ちのよい風が吹いています。

今回の連休はJRの車内誌「トランヴェール」を持ったお客様がたくさん訪ねてくださいました。盛岡の街歩きをしてみようと思った方がこんなにたくさんおられたことに驚きながら、日々暮らす自分の街の普段の姿こそが大事だと痛感させられました。
しゅんに限って言えば、言葉の足りなさを再認識しました。作り置きをせずオーダーをいただいてから作るので、混めば混むほど、お出しするまでに時間がかかってしまいます。
今さらですが、お待たせした方にお詫びしたいと思います。本当に申し訳ありません。

盛岡の街、しゅん、どんなふうにご覧になったでしょう。また来たいと思っていただけたでしょうか…。
[PR]
by tea-shun | 2007-05-07 14:50 | よしなしごと