<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5きげんテレビ

行ってまいりました、テレビ岩手。
毎回取材の度に「出る必要ないんですけど」と言ってみますが、本人が出ないとそんなに話に信憑性がないんでしょうか…こんなに小さい街なのに…ぶつぶつ。
が、喉元過ぎればなんとやら、収録終わって顔が出ないとなれば、たいていのお仕事は引き受けます。
今日はスタジオにアイスティーとケーキを出すお役目。よその厨房でいつもと同じことをするのは妙に新鮮です。自分が当たり前のように思っていることがちっとも当たり前でないことを目の当たりにして、刺激されてきました。
しゅんは発信がすごく下手なんだな〜とまたまた確認。勉強します…してるんですが。

それにしても、ほかの職場を垣間見るのは面白いものです。以前しゅんのある葺手町で地元学を行ったときも思ったのですが、大人にこそ社会見学は必要ではないでしょうか。思わぬ仕事のヒントを拾ったりして、いい刺激になります。
そうそう、茶話会が40回を迎えたときの座談会でも、養蜂場を訪ねたときがとても楽しかったというご意見がありました。
そういう企画をまた立てられるように考えたいと思います。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-20 21:01 | よしなしごと

お疲れさま

わがままカレーを温め続けてきた手鍋。
23年間働き続け、ある日香ばしい香りを漂わせました。

お日様のかけらがのぞくお鍋です。
b0074464_18564656.jpg



























長いことありがとう。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-16 20:49 | モノ好き

ライヴ

今年も半分終わってしまったと言われると「や〜め〜て〜」と青ざめていたわたしが、今年も半分終わってしまったと実感したもの、それはバンバンのライブでした。
ここのところ毎回「頼まれなくても年に2回来ますから」と言ってくれるバンバンのライブがひとつ終われば 次は半年後なわけですから、一年の半分、わかりやすいです。
半年後にまた聴くことができるのに、こんなにバンバンを楽しみに待ち望んでいるのはなんだろう?

自分のところでライブをするようになって思うことは、「出会いはどこにあるかわからない」ということに尽きます。
嫌いなジャンルの音楽であってもすごい人はすごくて惹きつけられるし、
同じ人が違うお客さんを迎えると変わってしまうこともあるし、
同じ場所、同じ楽器なのに、人が変わると音が変わることを実感するし、
…同じところにいて聴いているだけなのに、これだけ感じてきました。
「自分の感覚が生きている」ようにものを見て、感じて、ひとと話したり、考えていきたいなと思う。毎日お茶を淹れていることも同じで、それがわたしの「ライヴ」なんだと思います。

みなさん、どんな「ライヴ」なんでしょう。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-15 12:27 | ライブ

岩手・宮城内陸地震

…びっくり、しました。胃痛で寝ていたのですが、痛みを忘れました。
長かったし、余震も続いているしで、久しぶりに怖い地震でした。
亡くなった方もありますが、近年の大地震のようには人的被害がそう大きくなかったのは幸いだったと思います。

廣木さんやバンバンの福島さんから心配するお電話をいただいて、それにもびっくり。しみじみありがたいと思いました。
しゅんの場所は、むかし石の切り出し場だったといわれるように岩盤なので、被害はまったくありませんでした。
とはいえ今日のチャグチャグ馬コは、地震の影響でルートに変更があったそうです。

それにしても、おとといの晩、しゅんのカウンターで「地震雲が出ていた」って話が盛り上がっていたんです。岩手山の脇になんだか妙に気になる雲が出ていて、あれ地震雲じゃない?って。
今思うとちょっと怖いですね。
[PR]
by tea-shun | 2008-06-14 13:40 | よしなしごと